top of page
  • Ki×3

【おすすめ日本語勉強法】身近なものを利用する

更新日:2021年1月3日





「おすすめの勉強法を教えてほしい」


「おすすめのテキスト教材を教えてほしい」


語学の教育では、本当によく聞く質問です。


実際、自分が「英語」を覚えるとき、本当にいろいろな本を手にしましたし、いろいろな勉強法を試しました。


全然身につかず、語学を覚えるのがどんなに大変か。

その大変さは、よくわかっています。


だからこそ、「日本語を覚えたい」という方々のお手伝いをしたいし、

その人が学ぼうと思ったきっかけを大切にして、レッスンをしたいと思っています。



さて、おすすめの勉強法として、「身近なもの」をご紹介していきたいと思います。



まず1つ目は、チラシなどの広告です。


これらは、実際の授業でも教材として活用したりもします。


ポストに入るチラシ、スーパーのチラシ。

すべてが教材として使うことができます。


ポストに入っているチラシは、要点をまとめて書いてあるので、中級者向け。

スーパーのチラシは、ことばを覚える意味でも初心者にはとてもいい教材となります。


スーパーのチラシは、ことばとビジュアルを合わせて視覚でとらえることができるので、

生活するうえで、必要最低限となことばを覚えるのにはとても適していると思います。


「○○は何円ですか?」というように、クイズをしてみるのもいいかもしれません。



2つ目は、テレビです。


意外とテレビを見ていない人が多いんですよね。

わからないうちは何を言っているかわかりませんし、それなら見ていてもつまらない…

そういう私も海外でホテルに泊まってもテレビはつけませんし、つけたとしてもNHK World TV だったりします。

わからないものを見ても仕方がない…という気持ちはわかりますが、やはりテレビは日本語に触れられる身近なもの。

積極的に見ていただきたいですね。


最近は、ネットでもいろいろ見れるようになりました。

ぜひ、好きなジャンルからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page