• Ki×3

わからないこと

更新日:10月26日




私のレッスンでは、「わからなかったら、わからないと言ってください」と必ずお願いしています。

また、レッスンの中でも「わかるか」をできるだけ細かく聞くようにしています。


それは、何がわからないのかは人によって違うからです。


知らなくてわからないことは知識として教えればいい。


でも、創造もつかずにわからないことを、ただ知識として教えても、それは単なる詰込み型になってしまいます。


特に、日本語の場合は、文化の違いから「わからない」ということが多々でてきます。


生徒さんに「わからない」と言っていただくことは、私自身のレベルアップにもつながります。

私自身も、何が日本特有のもので、何がその人の国にないものかわからないからです。


当初は「わかりません」を連発されて、戸惑った部分もありました。

もちろん、今でも「わかりません」の言葉をいただきます。


これから日本語を学ぶ皆さん、ぜひ「わからない」を恥ずかしがらずに言ってください。




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示